石原 慶一/イシハラ ケイイチ/Keiichi Ishihara
エネルギー科学研究科/エネルギー社会・環境科学専攻社会エネルギー科学講座/教授
Org1 Org2 Org3 Job title
工学部 工学部 物理工学  
Org1 Org2 Org3 Job title
東南アジア研究所 東南アジア研究所   教授
京都大学     理事補

工学部6号館/No. 6 Engineering Building/Room 360

Location Number
Headquarter 16- 5464

ishihara @ energy.kyoto-u.ac.jp

 

Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本金属学会 The Japan Institute of Metals
日本鉄鋼協会 The Iron and Steel Institute of Japan
粉体粉末冶金協会 Japan Society of Powder and Powder Metallurgy
形の科学会 Society for Science on Form, Japan
日本材料学会 The Society of Materials Science, Japan
日本LCA学会 The Institute of Life Cycle Assessment, Japan
エネルギー・資源学会 Japan Society of Energy and Resources

 

 

Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
工学修士   京都大学    
工学博士   京都大学  

 

 

Graduate school(Japanese) Graduate school(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Degree
京都大学   大学院工学研究科修士課程金属加工学専攻       修了
京都大学   大学院工学研究科博士後期課程金属加工学専攻       修了

 

 

University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Degree
京都大学   工学部金属加工学科       卒業

 

 

Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
1986/4-1990/7 京都大学工学部 Faculty of Engineering, Kyoto University 助手 Research Associate
1990/8-1996/3 京都大学工学部 Faculty of Engineering 助教授 Assistant Professor
1996/4-2002/3 京都大学エネルギー科学研究科 Graduate School of Energy Science 助教授 Assistant Professor
2002/4-____/__/__ 京都大学エネルギー科学研究科 Graduate School of Energy Science 教授 Professor

 

(Japanese)
将来のエネルギーについて、基盤技術から実現可能なシナリオまでを研究対象にしている。材料開発などの基礎技術を社会に活かして豊かな社会を構築すべく、様々な社会活動を行っている。
(English)
My research field covers from fundamental technology to scenario planning of energy systems. Also, I try to participate various social activities to realize the society where the fundamental technologies such as materials science are realized.
(Japanese)
環境浄化、省エネルギーに寄与する高機能材料開発、資源循環の最適化に関する評価、エネルギーシナリオ策定
(English)
Materials development for the reduction of pollution, and energy saving; Evaluation of recycling systems; Energy scenario planning;
Kaken code
Environmental technology/environmental material

 

 

◎略歴 – Profile昭和32年10月25日生
昭和56年 3月 京都大学工学部金属加工学科卒業
同58年 3月 京都大学大学院工学研究科修士課程修了
同61年 3月 京都大学大学院工学研究科博士後期課程修了
同62年 l月 授京都大学工学博士
昭和6l年 4月 京都大学助手(工学部)
平成 2年 8月 京都大学助教授(工学部)
平成 8年 4月 京都大学エネルギー研究科助教授
平成 14年 4月 京都大学エネルギー研究科教授◎業績☆論文
著書◎担当講義「物理工学総論」(学部)
「熱力学 1」 (学部)
計算機数学」 (学部)
「熱及び物質移動」 (学部)
「エネルギー社会工学ゼミナール」(学部、ポケットゼミ)
「現代技術社会論」(学部、全学共通)
「エネルギー社会工学」 (大学院)
「循環型社会論」 (大学院)
「エネルギー社会工学特論」(大学院)
「エネルギー社会・環境科学通論Ⅰ」(大学院)
「エネルギー社会・環境科学通論Ⅱ」 (大学院)
「Advanced Seminar on Socio-environmental Science」(大学院)◎その他(1998年ごろのエネルギー環境データ)
家電製品のエネルギー使用量
エネルギー・環境史データ検索
自動車のカタログデータ検索